TOPへ戻る

滅菌とは何か?

ここでは滅菌と消毒の違いについてご説明します。
「滅菌」とは、読んで字のごとく、すべての細菌やウイルスといった微生物を死滅させる為に行う行為のことを言います。
この様に言いますと、「消毒」と同じように思われがちですが、実はこの2つには大きな違いがあるのです。
「消毒」は、「滅菌」のように有害な菌も関係なく、すべてを死滅させるのではなく例えば感染症が発症しない数まで細菌の量を減らすとか、この強さまでの細菌を死滅させようといった目的を持ってそのレベルまで行われる行為のことです。

従って、消毒剤や消毒薬にも色々な種類があり、日頃私達も傷口の消毒、手の消毒と言うようにその目的に合った消毒薬を使い分けているのです。
このように、「消毒」と「滅菌」には大きな違いがあるわけですが・・・
それでは実際に皆様の治療に使用する機材はどのようにすればいいのでしょうか?
実は、感染予防を考える場合には、人間の体の中や血管の中は無菌状態であると考えます。
ですから、このような無菌の部位に入っていく器具や機材は無菌でなけれならないので全ての微生物を死滅させる「滅菌」を行う事が必要になるのです。

超音波洗浄機

オートクレーブの完全滅菌をする前に予備洗浄として使用します。
切削片やたんぱく質などの手洗いなどでは取れない微細な汚れを薬液と超音波のダブルパワーで落します。

オートクレーブ

オートクレーブとは、130℃の高温高圧の蒸気により
器具や機材に付着した微生物がこの高温の蒸気にさらされることで、自身を構成しているたんぱく質が変性を起こして死滅します。
当院ではこの滅菌器を使用して完全滅菌された器具を使用しております。

品川シーズンテラス歯科の院内感染予防対策

ディスポーザブル

当院では、手袋・紙コップ・注射針・紙トレーや、歯ブラシなどを患者様ごとに常に新しく清潔な物を使用することで、院内感染を予防しております。衛生士によるブラッシンク指導で使用する歯ブラシも、毎回新しい物を使用しております。

滅菌

ー 当院で使用している器具について ー

患者様のお口の中で使用する器具は、滅菌処理を行った後それぞれパッキングし、 使用時まで滅菌された状態で保管しています。

 

 

 

1.外科器具

抜歯治療などに使用する外科器具も、滅菌された状態でパッキングしております。

2.歯の中の神経を治療する器具

血液に触れる機会が多く滅菌は必須です。
超音波洗浄機で洗浄後1つずつパックして滅菌しております。

3.ダイヤモンドバー

歯を削るダイヤモンドバーも全て患者様ごとに取り換え超音波洗浄された物を使用しております。

4.滅菌後紫外線保管庫

お口の中で使用する器具は滅菌後紫外線保管庫で保管し、滅菌状態を保っております。