TOPへ戻る

歯科用CT

歯科用CTの有効性

歯科用CTは、従来の2次元でのレントゲンでは得られなかった情報を得ることが出来ます。
CTにより正確な診断ができ、確実な治療をできることは患者様にとってはメリットがあると言えます。

・インプラントの術前診断
・歯周病治療における骨欠損の状態の把握
・歯根治療における歯根形態、破折、根尖病巣の診断
・外科治療における親不知の診断、顎関節の状態の把握 、上顎洞の診断

しかし、まだ一般開業医で歯科用CT取り入れている病院は少ないです。
日本の歯科医院において歯科用CTを設置している医院は大学病院や一部の歯科医院に限られており、全国の歯科医院の約1%未満にとどまっているのが現状です。
当院では最新の歯科用CTを取り入れています。

患者様により安全で正確な治療を提供できると思います。

セカンドオピニオンも受け付けております。

歯科用CTの被ばく量

歯科用CTは被爆量が少ない
被曝線量を比較した場合、医科用CTによる頭部X線CT撮影に対し、プロマックス3Dは約1/20程度と、安心して撮影を受けていただけます。

被爆線量の比較(単位はミリシーベルト)

・0.01…デンタルX線撮影
・0.015…パノラマX線撮影
・0.15…歯科用CT
・0.19…東京-ニューヨーク航空機旅行(往復)
・0.60…胃のX線集団検診1回
・2.00…頭部X線CT検査
・2.10…日本の自然放射線被爆量(年間)

撮影時間もわずか数秒です。